いつもと違うならすぐに病院へ

今年で三歳になる息子がいます。男の子は腸などが比較的弱く下痢などをしやすいと聞いていたのですが、息子は一度しか下痢を経験したことがありません。その時も腹痛などを訴えることもありませんでした。排便をしたくなる前にはお腹が痛い、ということがありますが、トイレに連れて行くとお腹の痛みもすっかりと治っているようです。ネットで見ていると、子供の「お腹が痛い」の訴えには注意してみておかないと取り返しのつかないようなこともあるということがわかりました。腹痛とはいえ、重大な病気の場合もあるようです。いつもの腹痛と様子が違っていたりする場合、すぐに病院へ連れて行くような対処法が無難だと言えると思いました。

ひどい下痢をしたりしていると、大人でも繰り返して腹痛が襲ってくることもありますが、大人は自分でいつもと違う感覚がどうかということを見極めることができます。しかし、子供では自分でその判断はつきません。本人ではない親にはもっと判断がつきません。やはり、すぐに病院に連れて行くのが正解かなと思います。すぐに入院の必要があると言われるかもしれませんし、点滴などで済むようなことかもしれません。どちらにしても、子どもが楽になる、元気になる手段ですから、子どもの様子を普段からよく観察しておく必要があるなと感じました。私の息子は一日に一度排便をするのですが、時間的には決まっていなくてバラバラです。前回の排便から時間がずれて遅くなった時はお腹が張っていて、ご飯をあまり食べないなと感じることもあります。そんな時にはたくさん水分を摂らせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.