女性の腹痛は病院へ

男性の場合はよくわからないのですが、女性の場合、腹痛を訴えているからと言って単なる食あたりではない場合があります。お腹が痛いと感じた時、どんなふうに痛むのか、どのあたりが一番痛むのか、そしてあまりにも頻繁に起こる場合には病院で診てもらった方が良い場合があります。単なる食あたりなどであれば、薬を服用したりトイレに駆け込むといったことで対処できます。そして、それだけでそれまでの痛みはどこかに消えてしまいます。

しかし、女性の場合はお腹のあたりに子宮があります。実際には子宮が痛みを発していても、お腹が痛いという風に感じてしまうことも多いです。出産で陣痛を経験している人は分かるかもしれませんが、陣痛の痛みはまさに生理痛のひどいバージョンです。ですが、陣痛で苦しんでいる本人は子宮が痛いとは言いませんし、そう感じません。お腹が痛いと言います。
人は毎日、何かを口にします。ですから、お腹が痛くなれば何か食べたものが悪かったのかな、とか冷たいものを飲みすぎたのかなと思い込むことがあります。しかし、実際には女性特有の病気が隠れている可能性もあるのです。生理痛がもともとひどい人はこんなもんだと諦めています。私もそうでした。しかし、痛みがひどいのなら一度は病院で診てもらうべきです。何か病気のせいで痛みがひどいことも十分にありえるからです。女性にとっての腹痛は、案外怖いものですよ。・・・<http://fukutsu-taishojyutsu.com>・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.